派遣のメリット・デメリット

派遣のメリット

スキルやキャリアを最大限に活かしたい。

一般企業の社員の場合、専門的なスキルを持っていたとしても、必ずしもそれを活かせる業務に携われるとは限りません。派遣であれば、ご自身の専門的なスキルやキャリアを評価してくれる企業において、新規プロジェクトの立ち上げなど、やりがいのあるお仕事に注力することができます。派遣就業を通じて、ご自身のキャリアにさらに磨きをかけることも可能です。

収入を増やしたい。

派遣の時給は、現時点でのご自身のスキルと取り組む業務の内容によって決まります。そのため、派遣先企業の必要とするスキルに秀でていれば現在よりも高い給与を得ることも往々にしてあります。また、これは当り前のことですが残業代はしっかり出ます。ご自身のスキルや仕事内容、働く時間が給与へ直接反映されることは非常にやりがいを感じる環境だと思います。しかし、「ボーナスが出ない」 「通勤交通費が出ない」 この2点においては正社員と比較すると確かにデメリットです。

やってみたかった仕事、憧れの業界へ挑戦したい。

派遣であるからこそ、経験不足でもあこがれの分野のお仕事へチャレンジできる可能性が広がります。(ITエンジニア職においては非常に可能性があります)しかし同時に「未経験・初級者」として採用されれば、現状より収入が減ってしまうことも考えられます。派遣で掴んだ自分の夢へのチャンスととらえて、「今は自分のキャリアパスの通過点だ」と思えるかどうかは皆さんの考え方次第です。

職場環境にこだわりたい。

気持ちよくお仕事をするためには、通勤時間や会社の雰囲気などの職場環境は大切な要素です。派遣では、職種、業種も勿論ですが、それ以外にも職場の環境であったり、勤務先の立地、通勤圏内など、様々な条件でお仕事を選んでいただけます。全てが希望通り、という職場はなかなか難しいかもしれませんが、まずはご相談下さい。

扶養範囲内で働きたい。

既婚の方の場合、扶養範囲内でお仕事をしたいと考えている方も多いと思います。派遣のお仕事は、週3日程度で、午後のみ出社などの働き方も選べます。まずはご相談下さい。

働きながらスキルアップしたい。

派遣のお仕事は、それまでの就業経験を生かして働き、さらにステップアップできる点が魅力のひとつです。当社では社内に他業務を兼務しない専任の講師を設けていますので、必要な技能をしっかり学びつつ働けるという点はメリットであるといえます。また、当初からスキルアップを目的として比較的残業の少ない業務に就き、定時後にスクールであったり、自身のスキルアップのための時間を取っている方も多々いらっしゃいます。

もっと自分の自由な時間が欲しい。

正社員の場合、自身のスキルが活かせる職場であっても、担当業務以外の付随業務に時間を割かれ、結果として自身の担当業務をこなす為に過度の時間外労働を要する場合も往々にしてあります。派遣の場合、業務内容・就業時間が事前に契約で定められているため、無理な長時間労働であったり、決められた業務内容以外の仕事に時間を割かれることはありません。これまで趣味や家のことなど、十分にプライベートな時間が持てなかった方には、ゆとりの時間を使って持っていただくことも可能です。

次のページへ